住宅ローンの推進力で一国一城をゲット!

私の住宅ローンに対する考えと体験談

管理人が住宅購入を考えたのは家賃が無駄だと考えたからです

M-3S-3号機ロケット私がマイホーム購入を考えたのは、結婚を機に住まい方を変えようと思ったからです。
賃貸でずっと家賃を支払っていくよりも、マイホームを購入する方が良いと考えました。
子供が生まれ、一番お金がかかる大学進学の時期に金銭的な余裕がある方が良いと思いはじめたのです。
この子どもが住宅購入の最初のきっかけでした。

一軒家よりもマンションを選択した理由

一軒家とマンションでどちらを購入するか悩みましたが、夫婦で相談した結果、メンテナンス費用まで考えるとマンションのほうが良いだろうという話になり、マンションに絞って物件を探しました。

頭金をきちんと用意してから購入しました

色々な物件を見て回りようやく納得のいく物件に出会えたのでそこを購入することに決めました。住宅ローンを組む際に頭金なしで組む方法もあると聞きましたが、早めにローンの返済を終えて進学資金や老後の蓄えを稼ぐためにも結婚前の貯金を頭金として支払い、残りをローンで支払うことに決めました。

一番気を使ったのは共働きが出来ない妊娠時の返済計画です

ローンを組む時は共働きでしたが、妊娠から出産で仕事ができない期間が必ず出てくるだろうということはわかりきっていました。
そのため主人の稼ぎだけでも滞りなくローンを払えるように長めにローンを組みました。
月々の返済額が家計の負担にならないようにということです。
子どもが生まれる前や、手がかからなくなってからは私も働き、繰り上げ返済しようということで話を進めました。

金利は固定金利を選択しました

大きな買い物だからこそ総支払額が大きく変わる可能性がある金利のことも悩みました。しかし、これから先の経済がどうなるのかはわからない上、将来に備えるためにも初めから支払総額が見える固定金利のほうが安心できると思い、固定金利でローンを組みました。
マイホーム購入は物件のこと、金利のことなどたくさんのことのメリットデメリットのある住宅ローン 比較し、考えなければなりません。
このホームページが私と同じように物件購入やローンを組むことを考えている方に役立つことを祈っています。
私の体験談が参考になれば幸いです。

最新投稿