住宅ローンの手続きに必要なものとは?

住宅ローン審査のために必要な書類を確認しよう

内之浦宇宙空間観測所住宅ローンの契約手続きにはいくつかの書類が必要になります。契約間際になって慌てて用意することにならないためにも、事前にしっかりと準備しておきましょう。

本人確認書類

まず必要になるのが、運転免許証など申し込み者本人を確認できる書類です。基本的には顔写真入りで、氏名や生年月日、住所などが記載されているものに限られます。もしこれらの要件を満たすものを所持していない場合は、金融機関の担当者に相談してみるといいでしょう。

住民票

次に住民票も必要になります。この住民票は発行されてから1カ月以内など金融機関が提示する条件を満たしていなければならず、申込者本人だけでなく家族全員の記載があることが求められています。

収入証明書

また収入を証明できる書類も必要です。サラリーマンなどの給与所得者なら勤務先が発行する源泉徴収票、市町村役場で入手できる課税証明書を用意しなければいけません。個人事業主の場合は確定申告書および付属の明細書、所得税、個人事業税の納税証明書を提出します。なおこれらの書類を提出する際は、直近3年分など金融機関が提示する条件を満たしていなければいけません。

住宅に関する書類も求められます

さらにこれらの書類以外にも、新築、購入する物件に関する書類も必要になります。工事の請負契約書、売買契約書、建築確認申請書、建築確認の検査済証、土地、建物の登記簿謄本、建物図面、土地の測量図、住宅ローンの対象となる物件の所在が分かる地図、自己資金がある場合はそれを証明できる預金通帳などを準備します。これらの書類は不動産業者や物件所在地を管轄する法務局で手に入れることができます。
このような書類の用意ついては、金融機関の担当者やハウスメーカーの担当者などが提出時期に合わせて準備するよう指示してくれます。わからないことはその場で尋ねて、不備の無いようにしておきましょう。