住宅ローンの金利見直しの年に借り換えをしました

変動金利ではなく固定金利で住宅を購入

私は35年の住宅ローンを10年固定金利で組み、住宅を購入しました。なぜ10年固定金利を選んだのかというと、購入した当時は金利が安定しておらず、変動金利を選択すると、急激に高くなってしまう可能性があったからです。それなら、10年間は確実に変動しない10年固定金利が、安心できてお得だと思ったのです。

金利の見直しを機に固定金利を断念しました

しかし購入してから10年目に、金利の見直しがおこなわれることになりました。それは最初から分かっていたことでしたし、私はその際には再び10年固定金利を申し込むつもりでいました。
ところが実際にそれをおこなおうとした時に、それまでの金利から1%以上高くなってしまうことに気づきました。同じ10年固定金利を利用するのですから、同じ金利になると思っていたのですが、そうではなかったのです。なぜなら最初に住宅ローンを組んだ時には、新規の申し込みということで、金利が優遇されていたからです。10年目に再度10年固定金利を申し込んでも、新規とは言えないため、優遇してもらえません。その分、金利が高くなってしまうわけです。

新規申し込みのメリットを得るために金融機関を変更しました

そこで私は、別の金融機関に借り換えをすることにしました。それなら、新規の申し込みということで、金利を優遇してもらうことができます。しかもその当時は、超低金利時代と言われるほど金利が下がっていたので、それまでよりも1%以上低い金利で借り換えをすることができたのです。
1%以上高くなってしまうところが、借り換えによって1%以上低くすることができたのですから、私も家族も大喜びでした。手続きには、各種申し込み用紙の記入をおこなったり、住民票や印鑑証明を用意したりと、多くの手間がかかりました。しかし月々の返済額は1万円以上安くなりましたし、その分家計の余裕ができたので、結果には満足しています。