借地権付きの新築一戸建てを住宅ローンを組んで購入しました

私たち夫婦は、結婚してからすぐに新築一戸建て住宅を購入しました。当時は夫も私も20代で、お互いに収入が少なかったのですが、住宅ローンを利用することで、無事に購入できたのです。
また、その新築一戸建て住宅の元々の値段が安めだったことも、購入できた理由のひとつです。なぜ安めなのかというと、借地権付きの住宅だったからです。建物は購入することで自分たちのものとなりましたが、土地に関しては自分たちのものではなく、いずれは地主に返さなければならないのです。
当時はそれでも良いと思っていたのですが、実際に暮らし始めてからは、徐々に不安になってきました。というのも、借りていることのできる期間が20年だったからです。購入した当時は、20年は十分に長いと感じていたのですが、1年2年と経過していくうちに、残り年数が短くなっていき、不安が増していったわけです。
20年経過すると、建物部分を撤去して更地にして地主に返すことになります。あるいは、20年分の借地権を追加で購入するという方法もあります。
いずれも、多くの費用がかかることなので、私たち夫婦はいっそのこと地主から土地を購入しようと考えました。土地の購入にも多くの費用がかかるのですが、将来お金をかけるのなら、今お金をかけて、不安なく暮らせるようにしようと思ったのです。
そこで購入のために追加で住宅ローンを組もうとしたのですが、残念ながら収入不足で、審査に通ることができませんでした。そのため私たちは、それまでのお互いの預貯金をまとめ、さらに2年間節約に努めてお金を貯めて、現金で土地を購入しました。
これにより建物も土地も、完全に私たち夫婦のものとなりました。本当の意味でのマイホームを手に入れることができたと、夫婦で喜んでいます。